3月22日(金)の午前診療は12:00までとなります。

こんな痛みはありませんか?

  • 立ち座りや歩行の際に膝の痛みがある

痛みの主な原因

  • 靭帯や半月板の損傷
  • 関節リウマチ、感染性関節症、痛風発作、インフルエンザなどの病気
  • 肥満や激しいスポーツ、加齢やO脚などにより膝関節の軟骨がすり減った
膝のつらさ

効果的な予防法

  • 適度な運動により、特に太腿の前の筋肉(大腿四頭筋)を鍛える
  • 簡単なストレッチや定期的な水中ウォーキングなどで、柔軟性、関節の可動域を確保する
  • 関節を冷やさないように、入浴やサポーターなどで温める
  • 関節に負担がかかる動作を避ける
  • 肥満体質の場合は減量する
  • 正座を避け、洋式トイレを使用する

こんな治療をしています

院長の特別診療

神経伝達治療(NTA)で全身の膜を調整しバランスを整え、必要に応じて鍼灸などで免疫力を高めます。
また骨盤調整を行うことで身体の中心から歪みを整えて軸を正しい位置に戻し、自己治癒力を向上させます。

これらの治療を組み合わせによって首や肩まわりの筋肉の血流を改善してコリや緊張をほぐし、姿勢を整えることで無理な負荷を軽減します。

神経伝達治療(NTA)

全身の膜を調整しバランスを整え、痛みの原因を取り除きます。

鍼・灸

元々身体に備わっている自然治癒力や免疫力を高めて元気にします。

フィールドフローレメシス

「光のスペクトラム」と「電子の流れ」により、中枢と抹消の神経伝達とエネルギーの流れの改善を行います。

ソーマダイン

体内の細胞のイオンバランスを整えて細胞を修復、自然治癒力を促進し体質改善に働きかけます

こんな時は健康保険が使えます

  • はじめて痛みを感じた
  • スポーツなどで膝を痛めた(慢性的な場合を除く)
  • その他、突然の痛みに襲われた場合(急性期症状と認められる場合)
  • 繰り返しの動作で負担をかけて症状が出てきた